産業 廃棄 物 収集 運搬。 「専ら物」の収集運搬・処分には許可不要!法的根拠と不用品回収業者での取り扱いについて解説

許可の手続(産業廃棄物収集運搬業)/千葉県

運搬 産業 収集 廃棄 物 運搬 産業 収集 廃棄 物

😚 この法令では廃棄物は汚物または不要物であり、固形状または液状のものとされています。

排出業者が自ら廃棄物をレンタカーで運搬するのは法律上、認められているのでしょうか? 自己運搬に該当する場合は、廃掃法施行令第6条の収集運搬の基準に、自己車両についての規定が無いので、法に抵触することは無さそうです。

処理業(新規)講習会

運搬 産業 収集 廃棄 物 運搬 産業 収集 廃棄 物

🤑 産業廃棄物収集運搬業とは? 産業廃棄物収集運搬業とは、簡単に言うと運賃や手数料をもらって産業廃棄物を運ぶ事業のことを言います。

6
住民票• 許可品目を追加するには新規申請と同じ労力が必要 新規申請の際は、取り扱う産業廃棄物が何に該当するのか選択することになります。 法的リスク低減のための手段としておすすめです。

石綿含有産業廃棄物の収集運搬について/千葉県

運搬 産業 収集 廃棄 物 運搬 産業 収集 廃棄 物

😩 使用済衣料品・繊維等のリサイクルに係る店頭回収・運搬・処分について【20年度措置】 複数の企業が環境への取組として、衣料製品を始めとする古繊維のリサイクルのために店頭回収を試みている。 講習会の日程や受講予約はこちらのでできます。 参照: 参照: 無許可で収集運搬を行うと罰則が厳しいです。

3
携帯で確認できる場合は不要 また、携帯電話などで常に上記の法定記載事項が確認できる場合も、書面の携帯は不要です。

廃棄物の「自社運搬」は許可不要ですが・・・①

運搬 産業 収集 廃棄 物 運搬 産業 収集 廃棄 物

🤪 簡単に言うと、「 貨物は我々の生活に必用なもの。 電話:043-239-9921• このように専ら物の取り扱いについては、廃棄物として専ら物を料金をもらって回収した場合でも、各種許可は不要であり、産業廃棄物の場合もマニフェストが不要であるということが、公に認められているのです。 申請に必要な費用 産業廃棄物収集運搬業許可(積替え・保管なし)の申請手数料は81000円必要です。

11
株主資本等変動計算書 直近3年分• 見出し• しかし、実際は保管施設を設置することになるので、許可申請の難易度は処理業許可と似ている側面があります。 (令第6条第1項第2号ニただし書き) 3. 許可証は修了証の提出以降に交付します。

廃棄物の「自社運搬」は許可不要ですが・・・①

運搬 産業 収集 廃棄 物 運搬 産業 収集 廃棄 物

👊 なお、情報の公開にあたり必要となる情報の提供を依頼する場合がある。 最終処分場(安定型処分場で可能となります。

2
以下、間違いやすいポイントです。

許可の手続(産業廃棄物収集運搬業)/千葉県

運搬 産業 収集 廃棄 物 運搬 産業 収集 廃棄 物

👈 不用品回収業者はリスクを理解して取り扱いを決めよう 専ら物の取り扱いは、法律や通知によって 「許可不要」「マニュフェスト不要」となっています。 排出事業者の 氏名• 申請に必要なもの 申請に必要な書類 法人であれば、一般的には次のものが必要です。

なぜなら昭和46年に出された通知「廃棄物の処理及び清掃に関する法律の施行について(昭和46年10月16日環整第43号)」によって、前述した4品目が明記されているからです。 (令第6条第1項第1号ロで準用)• 「積替え保管を行わない産業廃棄物収集運搬業許可」を受けるには大きく分けて次の5つの要件を満たす必要があります。

産業廃棄物収集運搬業及び処分業の許可申請・届出等|東京都環境局

運搬 産業 収集 廃棄 物 運搬 産業 収集 廃棄 物

😀 産業廃棄物の収集又は運搬基準(廃棄物処理法施行令第6条第1項第1号)(抜粋)• 是非許可の取得にトライしてみてください。 荷積み地 排出元 積替保管施設 荷降ろし地 処理場 許可を受ける自治体 兵庫県神戸市 なし 兵庫県尼崎市 兵庫県 兵庫県神戸市 なし 大阪府吹田市 兵庫県・大阪府 大阪府吹田市 兵庫県神戸市 京都府京都市 大阪府・神戸市・京都府 兵庫県神戸市 兵庫県神戸市 兵庫県神戸市 神戸市 許可を取るには要件を満たさなければならない 産業廃棄物収集運搬業許可は、申請をすればそれだけで取れるというものではなく、次の5の要件をすべて満たしていなければなりません。 また、マニフェストは、B1、B2票は切り取ってから交付してください。

4
そもそも産業廃棄物収集運搬業許可とは? 産業廃棄物収集運搬業許可は、文字通り、 産業廃棄物収集運搬業を行うための許可です。 収集する場所と処分場の都道府県が異なれば、それぞれの都道府県で許可が必要になるので、ローカルルールには特に注意する必要があります。